メールレディの禁止事項!逮捕や強制退会、報酬没収の危険あり

メールレディの禁止事項!強制退会・報酬没収の危険あり メールレディの基礎知識
ありさ
ありさ

こんにちは!現役メールレディのありさです😘
新型コロナウイルスの影響でメールレディーのお仕事をはじめる人が増えています✨

メールレディはメールをすることで報酬が得られるお仕事です。

一見簡単そうな仕事ですが、お仕事をするうえでは禁止事項をしないようにルールを守り働く必要があります。

それは自分の身を守る行動にもなるので、始める前に知っておくようにしましょう!

ここでは、そんなメールレディの仕事の禁止事項や仕事のマナーやルールをご紹介います。

メールレディの「法律に触れる」禁止事項

メールレディの「法律に触れる」禁止事項

まず、一番気を付けなければいけないのは法律に関わる禁止事項です。

禁止事項をしてしまった場合、最悪の場合逮捕されてしまうこともあるので必ずしないようにしましょう。

  • モザイクなしの性器の写真や動画の送信すること
  • 他人の写真を許可なく偽って利用すること
  • 自分以外の人に仕事をしてもらうこと

モザイクなしの性器の写真や動画の送信すること

日本の法律では、モザイクなしの性器を動画や写真で見せるサービスは禁止されています。

メールレディのお仕事で、アダルトパフォーマンスをされる人は特に注意が必要です。

写真や動画をお客様にメールで送るときに、性器が映らないようにしなくてはいけません。

手や物で隠したり、ギリギリ見えないようにするなど工夫して撮影しましょう。

またこれは、メールレディに限らずチャットレディや、動画・画像の掲示板に掲載する時も同様です。

性器の露出が運営側にバレれば即退会、報酬没収になります。

最悪の場合は逮捕されます。

ありさ
ありさ

たまに逮捕者も出ているから絶対にしないようにしよう!

他人の写真を許可なく偽って利用すること

メールで写真や動画を送るときは、必ず自分のものを送るようにしてください。

他人の写真を勝手に偽って送ってはいけません。

それが、無許可の物であればなおさらいけません。

著作権や肖像権侵害になるため、相手から訴えられることがあります。

ありさ
ありさ

絶対に他人の写真を使わないようにしましょう。

自分以外の人に仕事をしてもらうこと

メールレディの仕事は登録時に本人確認を行います。

必ずその登録者本人がメールレディとして働く必要があります。

家族の名前で登録して、実際働いていたのは男性だった、18歳未満だったなんてことは絶対にいけません。

メールレディの仕事は、女性が男性のお客様とメールすることで成り立つお仕事です。

サクラはありません、本人確認した女性なので安心です。というのをウリにしているサイトもあります。

ありさ
ありさ

必ずルールを守り、登録者本人がお仕事するようにしましょう。

メールレディのお仕事で必須のマナー

メールレディのお仕事で必須のマナー

メールレディの仕事をするなら、お仕事中のマナーも徹底する必要があります。

マナーは守らないと、メールレディとしてお仕事がやりにくくなることもあります。

  • 他人の誹謗中傷
  • 利用客への暴言
  • メールや通話の約束をすっぽかすこと
  • アダルトOKと記載しているのにアダルトパフォーマンスをしない
  • 同じ画像や動画を同じ人に送信すること

他人の誹謗中傷

他の利用者やメールレディの悪口や誹謗中傷は、メールで言ってはいけません。

他の利用者の情報はプライバシーにかかわることですし、男性利用客からしても自分のことも言われているのでは?と不安や不信感が募ります。

また、他のメールレディの話をお客様に聞くこともあるかもしれませんが、それをうのみにして情報を拡散してはいけません。

メールレディは、目の前のお客様ひとりと向き合って行うお仕事です。

ありさ
ありさ

他人の悪口や誹謗中傷はしてはいけません。

利用客への暴言

メールレディをしていると、色々なお客様に出会います。

たまには、話の流れでイラっとするようなことをメールで言われることがあります。

でも、それに暴言で言い返してはいけません。

サラっと流してしまうか、どうしても腹が立った場合はメール自体を無視してしまいましょう。

ブロック機能もあるので、メールを拒否することもできます。

暴言などを言うと自分の評価が下がるだけでなく、運営側に連絡が行くこともあります。

ありさ
ありさ

言い返しても良いことはないので、流す・無視・ブロックで片付けましょう!

メールや通話の約束をすっぽかすこと

メールレディは、お客様と時間を決めてメールのやり取りをしたり、音声通話やチャットをすることがたまにあります。

○日の○時と決めたら、必ず約束は守るようにしましょう。

もし、用事などでその日時が無理になったら、早めにお客様に連絡するようにしましょう。

約束をすっぽかしたら、待ってくれていたお客様も嫌な気持ちになりますし、今後メール連絡くれなくなる可能性があります。

メールレディだからと言うわけではなく、これは人としての最低限のマナーです。

かならず約束は守りましょう!

アダルトOKと記載しているのにアダルトパフォーマンスをしない

メールレディは、アダルトとノンアダルトを選ぶことができます。

アダルト専門サイトに登録している、アダルトOKとプロフィールに記載している場合は必ずアダルトメールレディとして活動しないといけません。

お客様はアダルトメールレディだから、メールを返信してくれていることが多いです。

アダルトなメールを楽しめると思って返信しているのに、いつまでもたってもそういう雰囲気にならない・・・となったらお客様からクレームがくることも。

アダルトが無理なら、アダルトOKとはっきりと明記はしないようにしましょう。

同じ画像や動画を同じ人に送信すること

メールレディは画像や動画をメールを送信することで報酬を得ることができます。

写真や動画は他の人に使いまわすことはしてもいいですが、同じものを同じ人に送ることはしてはいけません。

また、掲示板に動画や画像を載せるときも同じものの投稿は避けましょう。

男性のお客様は動画や画像を見るためにお金を払っています。

だからこそ、同じものを掲載するのはNG!

メールレディが身を守るために注意すべきこと

メールレディが身を守るために注意すべきこと

メールレディは、自分の身を守るためにも仕事中は色々と気をつける必要があります。

  • 個人が特定される情報は書かない
  • 個人が特定されるものは写真や動画に映さない
  • 身バレを防ぐなら加工や顔出ししないなどする

個人が特定される情報は書かない

メールやプロフィールの内容に、個人が特定されるような情報は書かないようにしましょう。

  • 具体的な住所
  • 本名
  • 詳細な仕事内容
  • ネットで検索したら出てくる自分の情報

など、特定されることは書いてはいけません。

最近はネットで調べれば色々とわかることが多いです。

とくにメールは文字としても残るので注意です!

ありさ
ありさ

メールレディの仕事は、本来の自分とは違う人間としてキャラ設定してお仕事するほうが安全です!

個人が特定されるものは写真や動画に映さない

動画や写真を撮影するときは、映り込むものにも注意が必要です。

  • よく着ている服
  • 愛用しているカバン
  • 窓の外の風景
  • 個人が特定できるもの

写真や動画から個人情報がわかるもの、個人が特定できてしまうものは絶対にのせないようにしましょう。

個人特定は、ストーカー被害などの危険をまねくこともあります。

十分気をつけましょう。

身バレを防ぐなら加工や顔出ししないなどする

もし、メールレディの仕事をするときに家族や知り合いにバレたくないという人は、顔出しをしないことも検討しましょう。

基本的にメールレディの顔出しは任意です。

といっても、プロフィールの写真くらいしかおおやけに見えるものはありません。

本人がわからないくらい加工したり、ウィッグやメイクで変装すれば案外バレません。

ありさ
ありさ

心配な場合は、完全に顔出ししないというのも方法ですよ。

まとめ:メールレディはルールを守ってお仕事しよう!

メールレディが安全に快適にお仕事するためには、禁止事項・マナーやルールがあります。

決まりやマナーはしっかりまもることで、自分の身も守ることができます。

メールレディを続けていくうえでとても大切なことなので、何をしてはいけないのかをちゃんと理解しておきましょう!

 \おすすめNo.1サイトはクレア
CREA(クレア)の応募詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました